2018年01月15日

身近な「高齢化問題」を感じた日

冬休み最後の1週間、毎日「さぼり~な」にさぼりに来てたユウちゃんも、
今日から学校へw。
21
それを受けて昨日、子供達が学校へ出てくる前に通学路の信号前なんかを雪片付けのお手伝いに、オトウサン・オカアサンに加え、町内会の方々が集まりました。
48
昔は、町内の人中心に行っていたものも、私の住む佃小周辺でも高齢化が著しく、参加者が減っているので部活動関係のオトウサン達が中心になって参加するようになったみたいです。
毎年2月に行われている学校の「雪まつり」も、毎年周辺の地域ボランティアだけでやってきたんですが、昨日相談されて、

「ボランティアの会のメンバーだけで10年以上やってきたんだけど、20人位いるメンバーの

3分の2近くが75歳超えてて

スロープの登り降りがきつくてまいねぐなったんだ。あんた達で、なんとかしてくれないか?」
との事。
02
佃もそうなんですが、昔は田んぼや畑だったところを宅地にして一気に家が建ったところは、

殆どの高齢者が

「同じような歳で」
(一気に家建つから、浜館や大野みたいなもん)
(70歳以上は多いが60歳近辺が極端に少ない

それより下の若い世代を探すとなると、一気に私のような「高齢者の子ども世代」まで行かないと、いないというのが現状。
21
おじいちゃん達は、沢山の子供らが喜ぶ祭りを簡単に無くしたくないから、なんとかお願いって言われたら、考えるしかありませんよね。
私、スーパーイベンターですからww
自分の家だけじゃなく、高齢化の波は至る所に出てるんですね。


rokkanbaby at 16:46コメント(0) |  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プレゼント専門店?

雑貨屋さぼり~な
「雑貨屋さぼり~な」のホームページ(コチラ)


雑貨屋さぼり~な

【営業時間】
11:00~20:00
※日曜~18:00

【定休日】
なし(不定休)

【住所】
030-0802
青森県青森市本町3-4-11

【電話】
017-722-8820
A-line2015
A-line今年で5年目!
青森クラフト展 A-LINE
A-LINE(コチラ)

A-line 無事終了!
皆さん有難うございました。
面白いイベントでした(笑)!